ウェブサイトは制限付きでしかご利用になれません
本ウェブサイトを制限なくご利用になるにはクッキーを有効にしてください。

ラクレットのおかず

クラシックなラクレットはおかずのトリオを添えて頂きます:じゃがいも、銀肌玉葱、ピクルス。これに胡椒ミルさらに、特別なラクレットスパイスミックスもおそらく合います。だからといって、ラクレットには創造的な食べ方がないわけではありません:レストランやプライベートのホストは画期的な添え物や奇抜なスパイスでよく感銘させます。

ラクレットについてのすべてのこと

«グシュヴェルティ»という蒸しじゃがいもはラクレットに必ず必要です。銀肌玉葱やピクルス以外にからしの実、とうもろこしの軸、ペペローニ、ドライトマトが添え物として最適です。西洋梨、パイナップル、ぶどうなどのフルーツともとてもおいしくいただけます。蒸したほうれん草の葉、ネギ、オニオンサラダも添え物としてお試しになったことがありますか?

肉あり/なし

ラクレットの団欒には茹でたかぼちゃや軽く蒸したブロッコリも合います。ラクレット窯にグリルプレートがあれば、きのこやズッキーニ、ナスをグリルにしてお料理の香りが上品にまとまります。特に香りが強い物をご希望なら、ラクレットにグリルを組み合わせればソーセージやベーコン、チキン、牛や羊の肉を焼けます。

よくスパイスで風味をつければ半分成功したようなものです

ラクレットに合うスパイスに関しては意見がまちまちです:伝統的ラクレット専門家はスパイスを加えず、チーズそのままの味を楽しみます。それほど厳しくとらえない方なら、胡椒、パプリカ、サフラン、チミアン、ナツメグ、キャラウェイ、チリ、スモークソルトで風味を付けられます – 特別なラクレットミックスにはよくポットプーリがとりわけ合います。チャツネも特にマンゴやいちじく、ラクレット、レーズンを含む場合には、とてもよく合います。    

ラクレットにファインなお飲み物

ラクレットには普通は白ワインがよいです。これはよいアイデアで、ワインの中の酸が消化を助けるからです。ゲストが白ワインより赤ワインのほうが好きな場合どうしましょうか? 問題ありません! ラクレットには白ワインしか合わないという理由は全くありません。むしろ、ワリスやロマンディーでは白ワインのほうが赤ワインよりよく飲まれるので伝統によるものです。赤でも白でも構いません:ワインは冷やし過ぎると胃にストレスが掛かるのでよくありません。

アルコールが嫌いな方はハーブティーやブラックティーでじゅうぶんに楽しめます。ご参考までに:その後に一口スニフターを飲むと消化によくないことは周知です。しかしハーブビターズなら、1杯から2杯までにしておく限りハーブが胃液を助けるのでよいです。

すでにご存知でしたか? チーズの匂いは住まいからこうすると消えます

ラクレットやフォンデュは快く思い出せますが、翌日までその香りが住まいの中に漂うので、他のことは全く残らないことがよくあります。しつこく残るチーズの香りは簡単な方法で消せます:部屋に クローブを振り掛けたオレンジ半分を置いておくと数時間で空気中の匂いが消えます。重曹を満たしたオレンジの皮を部屋に分散して置いてもチーズの匂いが消えます。チーズよりお酢の匂いの方がよい方のために次の方法があります:お皿にワインビネガーかハーブビネガーを満たし、一晩置いておき、翌朝よく換気します。

本ウェブサイトのクッキー:本ウェブサイトは提携先がご利用者の再訪を検出して本ウェブサイトをどのようにご覧になっているかを識別するためのクッキーを使用しています。本ウェブサイトをご利用になるとこのクッキー使用に同意されたことを前提とさせていただきます。もっと知る。.